うどん県「令和うどん」

1: 名無しの旅人 2019/04/06(土) 06:45:56.45 ID:LvPcjCOD9
新しい元号の発表から、世間は「令和」ブームに沸いています。
うどんの本場、香川県では、三木町の製麺会社が、新元号に因んだ商品を売り出しました。

新しい元号にあわせた商品を開発したのは、明治創業の老舗、藤井製麺です。
土産用のさぬきうどん「令和」です。
新元号の発表から4日での発売ですが、ただ名前をつけただけではありません。
この会社の従来の製品に比べ、麺の太さは1.6倍。
半生麺としては珍しい、極太麺には、新時代への願いを込めています。
午後3時過ぎ、JR高松駅の土産物店に、新商品が初めて並べられました。
出だしは好調のようです。
令和元年の始まりまでには、香川県の各地に並ぶ予定です。
no title

http://www.rsk.co.jp/news/news_local.cgi?cat=1&id=20190405_8
2019年4月5日(金) 19:10

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1554500756/


続きを読む