【画像】一番旨い駅弁といえば「シウマイ弁当」以外にはありえないよな?

1024px-Kiyoken_Shumai_Bento_2017-08

1: 名無しの旅人 2019/05/13(月) 11:25:59.70 ID:d9z+PiWv0● BE:886559449-PLT(22000)

崎陽軒の「シウマイ弁当」、深夜から動く工場 手作業で1日8千個、伝統の味支える職場の要は「年下上司」

横浜名物・崎陽軒の「シウマイ弁当」。その生産は深夜から始まります。出張や旅行などで朝からお弁当を買い求める人たちに、できたてを届けるためです。機械化された工場で次々と生産されているのかと思いきや、多くの人の手作業に支えられていました。1日平均8000個を超すシウマイ弁当の生産を管理している「職場の要」を取材しました。

崎陽軒の弁当調理部主任・中野真太郎さん(34)は、多くの勤め人が帰宅の途についた午後11時、横浜駅のすぐそばにある本社に出勤します。

白衣に着替えて地下の工場に下りていくと、人気の無い静かな工場内を見てまわり、昨日と比べて何か異常はないか、食材や容器はそろっているか、急な欠勤者はいないかを確認。
その後、出勤してきた他の社員やパートタイマーの女性ら50人ほどとちょっとした雑談をするのを日課にしています。少しでも気持ちよく働いてもらうための気配りです。

機械化が進んでいない弁当工場は、食材の下ごしらえから、揚げたり炒めたりの加熱調理、最後の箱詰めまで手作業の積み重ねで成り立っています。

たとえば、箱詰め作業では約20人が一列に並んで、ごはんやシューマイ、タケノコの煮つけ、かまぼこなどの担当に分かれ、一箱分ずつ丁寧に取って入れていきます。量の微調整が求められるため、機械を導入しにくいそうです。

http://news.livedoor.com/article/detail/16441855/

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1557714359/


続きを読む