【悲報】神戸の人口衰退が止まらない・・福岡に抜かれたと思ったら川崎にも抜かれてしまう

1: 名無しの旅人 2019/05/15(水) 18:38:57.03 ID:BT2YL/8Z0 BE:228348493-PLT(16000)
神戸市の人口、川崎市を下回り7位に
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO44819430V10C19A5LKA000?s=1
日本の市の人口順位
no title

神戸市の人口が2019年5月1日時点で川崎市を下回り、政令指定都市の人口が6位から7位になった。
大阪府などへの人口流出が進んだ神戸市は15年に福岡市を下回り、5位から6位になったばかり。
川崎市は工場跡地のマンション開発が相次ぎ、市外からの人口流入が加速している。

5月1日時点の人口は川崎市が152万6630人、神戸市152万4749人だった。
4月1日時点では神戸市が394人上回っていた。15年10月時点で差は6万人以上あったが、川崎市が一気に逆転した格好だ。

神戸市の人口は11年の154万4970人をピークに減っている。
若者を中心に大阪府や首都圏への流出が多いのが理由の一つだ。何の対策も講じない場合、60年にも100万人近くに減る可能性がある。久元喜造市長は「次代を担う若者に選ばれることが不可欠」とする。

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1557913137/


続きを読む