名探偵ピカチュウが大ヒットで『ゲーム原作映画はヒットしない法則』を打ち破る

1

1: 風吹けば名無し 2019/05/19(日) 18:19:05.96 ID:E2EfWOgd0

『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?

現在公開中の『名探偵ピカチュウ』が、北米興行で予想を上回る好成績をマーク。米国における「ゲーム原作の実写映画は振るわない」定説を覆すことになりそうだ。日本でも報じられている、製作側の原作への愛やコアファンへのリスペクトに加え、米国ならではのヒット要因を探ってみたい。

■ゲーム原作実写映画の公開週末興収記録を更新

 同作は、米国でも圧倒的な知名度を誇るポケモンの世界(2016年の同名のビデオゲーム)をもとにした、初の実写映画。人間とポケモンが共存するライムシティを舞台に、10代の少年ティム(ジャスティス・スミス)が、行方不明になった探偵の父を捜すため、父のパートナーであったポケモン=ピカチュウ(声:ライアン・レイノルズ)とともに陰謀に立ち向かうという物語だ。

 過去には、『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』や『Doom』をはじめ、数々のゲーム原作映画で痛い目を見てきたハリウッド。最近の『ランペイジ 巨獣大乱闘』や『トゥームレイダー ファーストミッション』も、米国においてはヒット作とは言えず、海外興収に助けられたかたちだ。こうしたなか、『名探偵ピカチュウ』は、ゲーム原作実写映画の公開週末において、過去最高の興収5450万ドルを記録。公開3週目を迎えた『アベンジャーズ:エンドゲーム』が6500万ドルでボックスオフィス首位をキープしたものの、それに接近する興収となった。

 米『バラエティ』誌の映画評論家ピーター・デブルージは、「たとえポケモンの熱烈なファンでなくても、この長編実写映画がポケモンを崇拝するファンにとっての大きなターニングポイントであることは明白」としたうえで、「ビデオゲームをプレイし、カードを集め、日本のアニメシリーズを観て、過去21本の日本の長編アニメーション映画に満足できなかった人々」にも受け入れられる作品だと評価。「人々が子どもの頃に夢中になったファンタジーの実写映画版」としては、マイケル・ベイ監督の『トランスフォーマー』やマーベル・シネマティック・ユニバースとほぼ同列である、と綴っている。

記事全文
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190519-00000304-oriconbiz-ent

2: 風吹けば名無し 2019/05/19(日) 18:19:21.30 ID:C2iK/qEp0
そんな法則あったんか

6: 風吹けば名無し 2019/05/19(日) 18:19:49.30 ID:5Qt0HOcZa
原作通りの映画化じゃない時点でまた話が違うやろ

続きを読む