【悲報】若者の缶切り離れ 缶切り業界の悲鳴を無視し続ける若者たち

adpDSC_1450

1: ウリボー(東京都) [FR] 2019/06/27(木) 22:59:10.46 ID:v7Kn/oju0

少し寂しい「缶切り離れ」、子供の頃に褒められた思い出も

缶切り不要で明けられるイージーオープン型の缶詰が普及したことで、缶切りを使う機会は減少の一途を辿っている。若者世代はもちろん、大人も缶切りを使わなくなってきているのだ。

日本気象協会「トクする!防災」によれば、中学生に「缶切りなどを使って缶詰を開けたことがありますか?」と聞いたところ、 「開けたことがある」39%、「開けたことがない」61%だった(2016年7月、中学生36名対象)。若年層にはやはり馴染みがないようだ。

20代でも、缶切りを使ったことがない人はいる。
「大学生1年ではじめて飲食店でアルバイトをしたとき、タブのないトマト缶を渡されて、社員さんから『缶切りで開けといてね』と言われて戸惑いました。
その様子を見た社員さんからは『使い方知らないの?』とかなり驚かれました。
丁寧に教えてくれましたが、私は左利きなので、ふつうの缶切りだと使いにくい。ものすごくモタモタしてしまいました」

https://www.moneypost.jp/548157

3: メガネ福助(名も無き村) [DE] 2019/06/27(木) 23:01:02.94 ID:K2mXQcss0
観客に缶切り使える人が減ってきて手品で缶詰めネタやりにくいらしいな

4: スーパー駅長たま(神奈川県) [GB] 2019/06/27(木) 23:01:06.98 ID:oyDcXr2Z0
若者が缶切りを捨てた訳じゃなく
缶詰工場のオッサンたちが缶切り会社を見捨てただけや

続きを読む